詐欺情報商材を斬る! | 返金情報満載の返金交渉応援Blog

詐欺情報商材をうっかり買ってしまった方の返金を手助けするブログです。 詐欺師達は確信犯です。奴らに一泡吹かせてやりましょう。 返金情報交換なども行っています。
詐欺情報商材を斬る! | 返金情報満載の返金交渉応援Blog TOP  >  スポンサー広告 >  ■詐欺情報商材の返金手順やノウハウ >  詐欺情報商材をうっかり買ってしまった場合の返金情報(その4)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

詐欺情報商材をうっかり買ってしまった場合の返金情報(その4)

詐欺情報商材を買ってしまった!
納得できない内容だし、返金してもらいたい!

そう思ったら、特定商取引法に違反している項目がないか探します。

詐欺情報商材を作っている作者は、確信犯ですので、
自分の住所や名前を偽っている可能性が極めて高いです。

それをどう確認するか、ご案内します。



まず、住所をググってみる事です。
当たり前の事ですが、、、。

次に、相手に配達記録で何か郵便物を送ってみる事です。
内容証明が一番良いのではないかと思います。

調べたら沢山でてきますので、
ご自分で作成して販売者に送付してみて下さい。
http://www.kazu4si.com/HP/naiyou/ba/dasikatanaiyou.htm
自分で簡単に作れますので、行政書士に頼む必要もありません。
基本的に郵便物が届くか確認する事が目的なのです。

配達記録で郵便物を送れば、相手がその住所にいない場合、
当たり前ですが、郵便物が戻ってきます。

つまり、特定商取引法に関する表記が虚偽の内容であると
言う事になりますので、特定商取引法違反になります。

返金交渉の際に、ここを突いて行けば良いのです。

配達不可で戻ってきた郵便物は大切な証拠物になりますので
大切に保管して下さい。

販売スタンド側にも、販売者に対して、法令順守を指導する
義務がありますので、その場合は販売スタンドにも連絡しましょう。

きちんと対処しないと、販売スタンド側にも行政指導が
入ったりしますので、慌てて対応してくれると思います。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

詐欺師撲滅団団長

Author:詐欺師撲滅団団長
詐欺情報商材を掴まされて非常に悔しい思いをした事があります。
詐欺商材を販売している販売者だけでなく、情報商材を斬っているブログがたくさんありますが、糞商材を推奨しているアフィリエーターも本当にクズです。
買って損した人!みんなのお金を取り戻しましょう!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
対詐欺師戦闘力?
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ポチっ!ありがと。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
3232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2739位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。